2016年2月17日~19日の3日間、さくらインターネットでは初の試みである“セールス向け”インターンシップを開催。今回のインターンシップでは、クライアントのITに関する課題を解決する“ソリューションセールス”の仕事を体験して頂きました。

コースのコンテンツでは、セールスの現場社員が手とり足とり、インターン生と二人三脚で課題に取り組みました。また、インターン生の成果に対し、現場社員が本気のフィードバックを行うという手に汗にぎるガチンコインターンシップとなりました。

インターンシップの目的

下記の項目を持ち帰ってもらうことを目的とし、実施しました。

・就業体験をしてもらう
・IT業界の今が分かる
・IT営業のリアルが分かる
・会社で働く環境、人の雰囲気を肌で感じてもらう

3日間の実施内容

参加者が体験した内容は下記の通りです。

<1日目>
・参加者と当社社員の自己紹介ワーク
・企業研究発表
・IT業界と当社サービスについて学習
・レンタルサーバを使ってウェブサイト の作成
・ビジネスマナー講習
・データセンター見学   ☆人気のプログラムです
・提案書のお題発表

<2日目>
・営業同行  ☆人気のプログラムです
・資料作成のプロから学ぶ資料作成タイム

<3日目>
・提案書プレゼン(現場社員からのフィードバック付)  ☆人気のプログラムです
・3日間の振り返り発表
・社内見学
・お疲れ様会(インターン3日間の振り返りムービー付)

参加者の紹介

今回の参加者、選ばれし戦士は6名です。参加初日のため緊張感が伝わってきます。

所属学部や学科、お住まいもバラバラのメンバーが集結!

インターン生へ当社社員から熱い熱いエール

エンジニアが作るサービスは、セールス社員がお客様からお聞きしたご意見や要望が入っています。エンジニアがサービスを作り、そのサービスに付加価値を付けセールス社員が売る、という“ソリューションセールス”の面白さややりがいを少しでも感じてください。そして、 自身の幅を広げ、今後の進路の参考にしてください。(当社社員 S氏より)

インターンシップの中で大いに盛り上がった内容を振り返ります

~1日目:業界・当社を学ぶ日~

和やかな雰囲気でお互いについて話しています。

まずは、お互いのことを知るために、当社社員とインターン生がマンツーマンで自己紹介。相手を複数回変え、自己紹介を繰り返した後は、2人1組のペアを組みワークに取り組みました。お互いに聞き出した情報を紙に落とし、自分の紹介ではなくペアの相手である紹介を全員の前で行うというもの。その際に、インターン生は「インターンの意気込み」を、当社社員は「インターン生に期待すること」を発表しました。ちなみにこのワークでは、相手の情報を引き出す練習やプレゼンの練習にもなっています。

他己紹介では笑いが起きることが多々あり。

当社社員とインターン生の紹介が終わった後は、インターン生が事前課題で取り組んだ企業研究内容の発表をしました。
ここでは、インターン生が個々に持ち寄った情報をまとめ、整理した上で発表に挑みました。
当社と他社とのサービス比較や、 当社が愛される理由や最近のサービスリリース情報まで盛り込まれていたりと、隅々まで調べられていました。

まとめる時間が短時間であったものの、社員も驚く濃い内容でした。

続いて、さくらに関する基礎を学ぶ時間です。
IT業界・当社のこと・サービス概要・営業部の仕事内容についてみっちり学ぶ時間です。みなさん集中を切らすことなく、しっかりと学んでいます。

真剣な眼差しがまぶしいぃぃぃぃ!!!

また、当社のサービスである“レンタルサーバ”を実際に使う場面もありました。

コードをいじってウェブサイトのデザインを変えてしまう強者もいました。

続いて、ビジネスマナー講習です。不快感を与えない服装や所作について学び、お客様先への訪問時のロールプレイングにも挑戦してみました。

初めての名刺交換は、なかなかスマートにいきません。。。

データセンター見学を終え当社への理解を更に深めた上で、

ついに!!!提案書 プレゼンのお題が発表されました。

お題設定は下記の通りです。

———————————————————————
提案する先は、「自身が興味のある業界」
提案内容は、「データセンターサービスを活用したさくらのサービスを提案」
———————————————————————

お題の参考例として当社社員がプレゼンをしましたが、時々笑いが起こっていました。聞き手を惹きつけるプレゼンを目の当たりにし、インターン生は「よし!先輩社員を超えてみせる!!」というやる気がみなぎっているようでした。
ここで、1日目のプログラムは終了です。

~2日目:セールスの現場を体験~

本日のメインイベントである「営業同行」がいよいよ始まります。訪問前の隙間時間で名刺交換の練習をするインターン生がいました。昨日取り組んだ名刺交換のロールプレイングを振り返り、何度も何度も練習していました。とにかく、無事に帰って来ること祈りつつ、緊張で強張った後ろ姿に「頑張ってきてね!」と社員一同声をかけ力強く送り出しました。

そして、「営業同行」を無事終えたインターン生に突撃!「緊張したけれど、楽しかった。」「お客様の視点でさくらインターネットを知ることが出来た貴重な機会だった。」と興奮冷めやらぬ様子で語る方や、「何とか無事終わってよかった~。」とほっと肩をなでおろす方もいました。

営業同行終了後、少しばかりリラックスタイムです。

息つく暇もなく、提案書作成方法についてレクチャーの時間が始まりました。提案書の作成方法を当社社員より手取り足取りインターン生へ伝授しました。
なんとここで、「集中」というプレッシャーを感じるドリンクが社員より差し入れで届きました。

「集中」と最高の笑顔

資料作成方法だけでは無くプレゼン方法も伝授したいと思い、動画を交えながらテクニックとして使えるプレゼン方法をいくつかお伝えしました。

動画を見て、プレゼンで参考になるテクニック部分をメモしています。

 

~3日目:学んだことの集大成!手に汗にぎる緊張のラスト1日~

とうとう、提案書プレゼンの時間が迫ってまいりました!
お題設定は前述にもある通り、下記内容で設定しています。

———————————————————————
提案する先は、「自身が興味のある業界」
提案内容は、「データセンターサービスを活用したさくらのサービスを提案」
———————————————————————

インターン生自身が興味のあることと、当社のサービスを絡めた内容での提案を行っていただきました。

社員30名ほどの前で堂々と発表している姿に、社員一同釘づけになっていました。緊張で涙目になるインターン生もいましたが最後まで発表する姿に、胸を打たれる場面もありました。
このプレゼンテーションでは、セールスの現場社員が評価をつけ一番点数が高かったインターン生に優秀賞の盾を贈呈することとなっています。さらに、その場で社員からのフィードバックも実施しました。

さてさて、優秀賞は誰の手に!??

と、その前に先輩社員とのランチの様子で箸休めといきましょう。

社員行きつけのお店です。育ちざかりのインターン生もお腹いっぱいになる量です。満足満足~~~

 

お待たせいたしました。
ついに、どきどきの提案書プレゼンの様子を振り返ってみましょう。

発表者1番:中野さん

テーマ:もし、音楽で世界の仲間をつなぐことができたら

トップバッターでありながら、落ち着いてプレゼンされる中野さん。実体験をもとに吹奏楽の悩みの種となっている部分にアプローチする提案内容でした。

発表者2番:高田さん

テーマ:有料自習室 勉強カフェの環境IT化について

聞き手に熱く語る姿勢が感じられる高田さん。ところどころ、場を和ます冗談を交えながら聞き手を飽きさせない工夫が仕掛けられていました。

発表者3番:穴井さん

テーマ:VFS

最近のトレンドを踏まえた内容で問題定義から解決策までしっかり練られていた穴井さん。お題に対して目のつけどころがシャープでした。

発表者4番:幸地さん

テーマ:音楽業界における新提案

プレゼンの場の緊張感を楽しんでいるように感じられた幸地さん。その場を取り巻く雰囲気を自分の空気感で染めてしまうほどの圧倒感がありました。

発表者5番:冨永さん

テーマ:ITを使用した能楽の醍醐味を伝えるための提案

能楽ファンを多く作りたいという想いで発表された冨永さん。緊張感を持ちつつも聞き手に丁寧に発表しようとする姿勢が感じられました。

発表者6番:原田さん

テーマ:デッサンにおける巧拙判定の自動化

唯一さくらインターネットのテーマカラー(青・ピンク)で資料を作成した原田さん。わかりやすい資料を作る腕前はぴか一で安定感のある発表でした。

 

プレゼンが終わった後に、現場社員からインターン生へ、本気のフィードバックが送られました。この本気のフィードバックは、インターン生が熱くプレゼンされる姿に影響され、社員もその空気感にのまれ「ここがよかった。ここは、こうしたらもっとよかった。」という熱い感想をその場でお伝えしました。

さぁ、お待ちかね!優秀賞の発表です!

どのプレゼンも個性を出しつつ、完成度の高い内容で結果は僅差ではありましたが、 優秀賞の盾は「音楽業界における新提案」をプレゼンされた幸地さんに送られることとなりました。
周囲を惹きつける間合いの取り方やシンプルで簡潔にまとめられている資料、何よりイキイキとプレゼンをしている点に高得点が入りました。

(左)優秀賞を獲得した幸地さん、(右)盾を贈呈する当社 営業部本部長の高橋。

 

気合いの入ったプレゼンをされた幸地さん。3日間どっぷりとさくらに染まり、心なしかさくら色のオーラまで出ているような気がしてきました。

プレゼンにて3日間の集大成をアウトプットした後はお疲れ会に移ります。
社員とインターン生にとってお互いに貴重なコミュニケーションの場となりました。実はこのお疲れ会にて、3日間の振り返りムービーを感動的な音楽に乗せてお送りしました。
振り返れば、あっという間の3日間だったのではないでしょうか。

インターン生よりインターンシップの感想

・営業同行によってクライアントの目線でさくらさんのサービスを客観的に見られたのがとてもよかったと思いました。社員さんも気軽に話をかけていただいた上、初日のワークもすごくよかったです。
・まさかの営業同行ができるとは思わなかったです。営業の現場を見て具体的に学ぶことができました。プレゼンのやり方やコツ、提案書の作成方法まで細かくご指導いただき勉強になりました。
・3日間、短い時間でしたが大変多くのことを学ばせていただきました。最後まで丁寧に支えてくださった社員の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。この経験は、一生忘れられない宝物になりました。ありがとうございました。
・営業同行で実際の営業風景を見せていただき、シビアな面も感じつつも、相手の要望に合わせた営業方法を見ることができました。また、社員の方が終始気にかけてくださった充実したインターンシップでありました。

 

満足度の高かった営業同行をはじめ、学校では学べない貴重な体験の数々をインターン生のみなさんは3日間体験することとなりました。気が休まる時が1秒たりともなかったと言える濃い時間の中で、最後まで全力で取り組んでいただきました。
関わった社員も熱量溢れるインターン生に良い影響を与えてもらい、お互いに成長し合える時間だったと感じました。インターン生にとって、この体験は今後に活かしていただける内容だったことでしょう!また、お会いできる日を楽しみにしています。