Rails Girls Kyoto 3rdにようこそ! ~女性の、女性による、女性のためのイベントで素敵にプログラミング!~

Rails Girls Kyoto 3rdにようこそ!

はじめまして。Rails Girls Kyoto 3rd のオーガナイザーの丸野と申します。このたび、さくらのナレッジに寄稿させていただく事になりました。よろしくお願いいたします。

Rails Girls Kyoto 3rdにようこそ

2015年4月24日(金)・25日(土)の2日間、京都女子大学で「Rails Girls Kyoto 3rd」が開催されました。Rails Girlsは、より多くの女性がプログラミングに親しみ、アイデアを形にできる技術を身につける手助けをするコミュニティです。
2010年にヘルシンキで第1回が開催されて以来、Rails Girlsの主旨に賛同する有志によって毎週のように世界のどこかでワークショップが開催されています。日本では2012年9月に東京から始まり、全国各地で開催されています。参加者は“女性であること”以外の制限なく広く募集しています(男性も女性の同伴者として参加することができます)。

Rails Girls Kyoto 3rdにようこそ!

Rails Girlsのワークショップは“開催したい”と考えた人が手を挙げてオーガナイザー(主催者)となり、それに賛同する人が集まってスタッフやコーチとなり、参加者を募集して開催されます。京都での開催は3回目で、今回はRails Girls Naraの参加者で、京都女子大学現代社会学部の卒業生がオーガナイザーになりました。

Rails Girls Kyoto 3rdにようこそ!

今回は大学での開催ということもあり、これまで数々のRails Girlsのワークショップに参加してきたベテランのスタッフやコーチ陣に加え、「Ruby」や「Rails」を授業で学んでいる京都女子大学の学生たちがコーチとして参加しました。まずは、京都女子大学の学生たちによるライトニングトークも行われ、Ruby やRailsを学んだ体験談を語ってくれました。

みんな真剣!プログラミングに没頭

Rails Girls Kyoto 3rdにようこそ!

午前中はRubyのチュートリアルが行われました。チュートリアルでは、学生のコーチたちが考えた「おみくじプログラム」を通して、参加者にプログラミングの楽しさを体験してもらいました。その後、Ruby on Railsのチュートリアルでは、Webアプリケーションの作成を体験してもらい、自分で作ったアプリケーションを即座にインターネット上へ公開するところまで行いました。

Rails Girls Kyoto 3rdにようこそ!

参加者のみなさん、とても真剣です。休憩するのも時間が経つのも忘れて、プログラミングに没頭しています。

Rails Girls Kyoto 3rdにようこそ!

ワークショップは4つのグループに分かれて行いました。
RubyのチュートリアルとRailsのチュートリアルでグループ替えを行い、ワークショップ全体を通して、多くの人と交流することができました。

「お菓子神社」でちょっと休憩

Rails Girls Kyoto 3rdにようこそ!

ワークショップの合間にはお菓子を食べてちょっと休憩。かわいいお菓子に参加者もコーチも、みんなテンションが上がりました。会場の真ん中に配置された、通称「お菓子神社」には自然と人が集まり、さまざまな交流が生まれました。

さくらインターネット 林さんのライトニングトークも

Rails Girls Kyoto 3rdにようこそ!

今回パートナーとして参加して頂いた、さくらインターネットの林さんも、ライトニングトークを行いました。また、「さくらのクラウド」のチケットなどのノベルティをいただき、参加者や学生のコーチから「これから『さくらのクラウド』をぜひ使ってみたい」との声が多数ありました。

アフターパーティ!皆さんからたくさんのご意見を頂きました。

Rails Girls Kyoto 3rdにようこそ!

2日間にわたるワークショップの最後には、アフターパーティが行われました。参加者のみなさんには「とても楽しく勉強できた」と言ってもらえましたし、コーチとして参加した学生たちからは「“プログラミングを人に教える”という初めての経験によってたくさんのことが学べた」という感想もあり、収穫のきわめて多いイベントとなりました。

Rails Girls Kyoto 3rdにようこそ!

アフターパーティーでは、2日間のワークショップを通して共に学んだ仲間との話がはずみました。

Rails Girls Kyoto 3rdにようこそ!

Rails Girlsのワークショップは、女性にプログラミングの楽しさを味わってもらう“きっかけ”として、今後も継続的に開催されます。また、Rails Girls参加者をフォローアップするためのイベント「Rails Girls More!」も開催して、プログラミングを勉強する女性を継続的に応援していきます。

今回、このようなイベントを開催できたのは、スポンサー企業様のサポート、すばらしいスタッフ/コーチ陣、そして参加者のみなさまのおかげです。

とても楽しく、時間の経つのもあっという間でした。
さくらインターネットさん、ありがとうございました。