5周年記念!クーポンでどこまで使えるか試算してみた – 「楽しいさくらのクラウド」(18)

こんにちは、さくらインターネット クラウドチームの大喜多です。

さくらのクラウドはこのたび5周年を迎えることができました。サービスを開始してから多くのお客様にご愛顧いただきましたこと心より感謝申しあげます。このたび「さくらのクラウド5周年ありがとうキャンペーン」と致しまして、スペシャルクーポンプレゼントを行っております。この際にぜひ「さくらのクラウド」を体験していただきたい!ということで、「クーポンでどれだけ使えるのか?」「この金額でどのような構成のシステムが作れるのか?」といったことについてお話ししたいと思います。

cloud-cp-on

50,000円で使える仮想サーバ

今回プレゼントしているクーポンは50,000円(有効期限3ヶ月)となっております。

スモールスペックの1コア/1GBメモリの仮想サーバ+20GB SSDの仮想ディスクであれば、大体これくらい使えます。

台数 1ヶ月費用 3ヶ月費用
6台 14,904円 44,712円
7台 17,388円 52,164円

※東京第1ゾーンの場合

ハイスペックのサーバ1台を3ヶ月使うケースであればこのようになります。CPU重視かメモリ重視かで選んでいただくとよいでしょう。

スペック 1ヶ月費用 3ヶ月費用
10コア/6GBメモリ 15,444円 46,332円
8コア/8GBメモリ 14,580円 43,740円
6コア/12GBメモリ 15,012円 45,036円
5コア/16GBメモリ 16,524円 49,572円

※東京第1ゾーンの場合

さらにハイスペックなサーバを使いたい!という方のために、1ヶ月で使い切るプランも試算してみました。

スペック 1ヶ月費用
16コア/6GBメモリ 49,140円
20コア/32GBメモリ 43,092円
20コア/48GBメモリ 53,460円
8コア/48GBメモリ 40,500円
8コア/64GBメモリ 50,868円

※東京第1ゾーンの場合

ここまで、1度作ってそのままサーバを運用し続けるパターンの試算をしてみましたが、クラウドですので当然サーバを作ったり消したりできます。2016年11月21日現在、さくらのクラウドで最もハイスペックなプランである20コア/224GBメモリの仮想サーバですと、時割料金が837円、日割料金が8,374円、月額料金が167,508円ですので、時間単位の利用であれば現実的な費用でご利用いただけます。若干あふれますが、6日動かしっぱなしにしておくこともできます(50,244円)。

50,000円で作れるシステムアーキテクチャ

ここまでは仮想サーバのスペックにフォーカスして「どれくらい使えるか?」ということについてご説明してきました。ここからは、50,000前後で作れる本格的なシステムアーキテクチャについてご説明したいと思います。

オートスケールするWebサーバ

APIを活用してWebサーバを負荷に応じて台数を増減させる「オートスケール」の構成です。

リソース スペック 1ヶ月費用 3ヶ月費用
ルータ+スイッチ IPアドレス16個(/28)・帯域100Mbps 7,776円 23,328円
ロードバランサ 標準プラン・冗長化なし 2,571円 7,713円
Webサーバ 東京第1ゾーン・1コア/1GBメモリ・20GB SSDプラン 2,484円 7,452円
監視サーバ 東京第1ゾーン・1コア/1GBメモリ・20GB SSDプラン 2,484円 7,452円
合計 15,315円 45,945円

構築の詳しい手順についてはさくらのクラウドでAuto Scalingをご参照ください。

複数のリージョンを使った冗長構成

img_construction-image

石狩リージョンと東京リージョンをGSLB(広域負荷分散)を利用して負荷分散させることで、低コストでディザスタリカバリ対応に対応した構成例です。以下のスペックで構築した場合、月額費用は36,072円となります。

WS000808

本構成の詳細は構成例のページをご参照ください。

KUSANAGIで作るWordPressクラスター

WS000809

プライム・ストラテジー株式会社の提供する超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」を活用した、高負荷に耐えられ、かつ高可用性を実現するWordPressのクラスター構成です。サーバ間の同期はローカル接続経由でコマンドとMariaDB Galera Clusterによって実現しています。

リソース スペック 1ヶ月費用 3ヶ月費用
GSLB 540円 1,620円
スイッチ 2,160円 6,480円
スイッチ 2,160円 6,480円
ブリッジ接続 2,700円 8,100円
KUSANAGIサーバ(1) 東京第1ゾーン・1コア/4GBメモリ・20GB SSDプラン 4,428円 13,284円
KUSANAGIサーバ(2) 東京第1ゾーン・1コア/4GBメモリ・20GB SSDプラン 4,428円 13,284円
KUSANAGIサーバ(3) 石狩第2ゾーン・1コア/4GBメモリ・20GB SSDプラン 4,191円 12,573円
合計 20,607円 61,821円

本構成の詳細はKUSANAGIで作るWordPressクラスターをご参照ください。スライドではAzure/AWSを例として記載されておりますが、さくらのクラウドでもKUSANAGIが利用可能ですので、同様の構成が実現可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。一部構成で50,000円に収まらないものもありましたが、50,000円という費用でどのようなシステムが作れるのかがイメージしていただけたと思います。この機会にさくらのクラウドでいろいろ試してみていただけると幸いです。

楽しいさくらのクラウド 公開日
クラウドってなに? - 「楽しいさくらのクラウド」(1) 2013年10月7日
コントロールパネルをさわってみよう - 「楽しいさくらのクラウド」(2) 2013年10月15日
サーバを作ってみよう - 「楽しいさくらのクラウド」(3) 2013年10月28日
サーバを拡張してみよう - 「楽しいさくらのクラウド」(4) 2013年11月7日
スイッチを使ってローカルネットワークを構築してみよう - 「楽しいさくらのクラウド」(5) 2013年11月20日
ルータ+スイッチを使ったネットワークを構築してみよう - 「楽しいさくらのクラウド」(6) 2013年12月6日
スタティックルーティング機能を使ってVyatta & Linuxルータを構築してみよう - 「楽しいさくらのクラウド」(7) 2013年12月18日
アーカイブ・ISOイメージ機能を活用してみよう - 「楽しいさくらのクラウド」(8) 2014年1月16日
便利なネットワーク機能を活用してみよう - 「楽しいさくらのクラウド」(9) 2014年2月24日
さくらのクラウドに利用登録しよう - 「楽しいさくらのクラウド」(10) 2014年4月7日
さくらのVPSからディスクイメージを移行してみよう - 「楽しいさくらのクラウド」(11) 2014年4月21日
ロードバランサとクローン機能を使ってお手軽にスケールアウトしてみよう - 「楽しいさくらのクラウド」(12) 2015年9月8日
シンプル監視でWordPressサーバを監視してみよう – 「楽しいさくらのクラウド」(13) 2016年1月14日
さくらのクラウドでAuto Scaling – 「楽しいさくらのクラウド」(14) 2016年5月6日
さくらのクラウドで仮想プライベートクラウド – 「楽しいさくらのクラウド」(15) 2016年6月10日
さくらのクラウドでソーリーサーバを設定してみよう – 「楽しいさくらのクラウド」(16) 2016年7月20日
Arch Linuxを簡単インストール – 「楽しいさくらのクラウド」(17) 2016年11月4日
5周年記念!クーポンでどこまで使えるか試算してみた – 「楽しいさくらのクラウド」(18) 2016年11月24日