こんにちは、さくらインターネットの大喜多です。

沖縄県のITコミュニティによるお祭りである「ハッカーズチャンプルー」、さくらのナレッジでは昨年に引き続き今年もメディアスポンサーを務めさせていただくことになりました。

昨年のイベントレポートはこちらをご覧ください。
沖縄のITエンジニアの熱量をお届け!ハッカーズチャンプルー2017レポート 〜開発合宿編〜
沖縄のITエンジニアの熱量をお届け!ハッカーズチャンプルー2017レポート 〜カンファレンス編〜

6回目の開催となる今年は「初心に立ち返り、沖縄県内の各ITコミュニティが集まりそれぞれが掲げる理念や、沖縄から沖縄県内外に向けて広く最先端の技術動向を発信するための場所として機能することを目指します!」とのこと。さらに突っ込んだ話を、ハッカーズチャンプルーの実行委員長を務めている西島幸一郎さん(@k_nishijima)にうかがいました。

実行委員長の西島さん

初心に立ち返る6回目

── 今年から開発合宿がなくなり前夜祭+カンファレンスの形式に戻ったそうですが、どのようなきっかけだったのでしょうか?

今回のテーマは、初心に戻って沖縄県内の各ITコミュニティが集まるお祭りにしよう、という目標があります。これを念頭に置いたときに、開発合宿+カンファレンスのスタイルは目的に合致しているのか、再度確かめてみよう、ということが1つの判断材料になりました。

昨年までの3年間の開催では、県内外のエンジニアの方々に集まって頂き、とてもハッカーズチャンプルーらしい合宿が出来ていたと思っていたのですが、年々繰り返すたびに少しずつ県外の方の参加者が減りつつあったので、これはあまり「ちゃんぷるー(ごちゃまぜという意味)」出来ていない、文化やエンジニア同士の交流が合宿というフォーマットでは上手くいかないのかな?という反省もありました。

また、同じことを繰り返すと運営スタッフや参加者の皆さん自身にもどうしても飽きというかダレが来ますので、一旦仕切り直してみよう、という決断になりました。

── なるほど、ありがとうございます。今年のカンファレンスのセッションを選ぶにあたり、決めていたテーマなどがありましたら教えてください。

先にお話したテーマのとおり、各コミュニティを代表するコアメンバーの方々が「いま会いたい・話を聞きたい人」にアタックして口説き落とす、というのがテーマと言えばテーマですね。
技術的に「いまトレンドだから【これ】」とやるのは、ハッカーズチャンプルーの思想にはそぐわないので、そういった意味でのテーマはありません。

ハッカーズチャンプルーらしさとは?

── 『「いま会いたい・話を聞きたい人」にアタックして口説き落とす』というのはコミュニティのカラーが出ておもしろいですね!先ほどの質問とやや重複しますが、セッション選定やイベント運営にあたって大事にしている「ハッカーズチャンプルーらしさ」みたいなものがありましたら教えてください。

「ハッカーズチャンプルーらしさ」ですか、、、やっぱり名前の通り「ちゃんぷるー」なところがコアなのではないでしょうか?
あるとき運営コアメンバーのかたに、「ハッカーズチャンプルーって、自分で選んでは絶対行かないようなセッションも聞けるので、すごく楽しいですよね!」というようなことを言われたことがありまして、自分自身もまさにそれだなぁと再認識した覚えがあります(笑)

頑なにシングルトラックでのイベントを行っているのも、まさにそれが狙いですね。いや、場所が取れないとかじゃないんですよ、本当に(笑)

カンファレンス会場の様子(昨年)

── 前夜祭の概要と、雰囲気について教えてください。

前夜祭、まだ企画が固まっていないのでなんとも分からないのですが、恒例の感じで行くと、本編に入り切らなかったLTで構成される「居酒屋LT」で荒唐無稽に盛り上がる感じになるんじゃないでしょうか(^_^;)
翌日が本編なので、夜はそこそこでお願いします。夜中の「締めステーキ」とか駄目ですよ!

県外参加者へのアドバイスなど

── それはまた重たいですね(笑)私は今年が初参加で、沖縄自体はじめて行くのですが、同じように「今年はじめて沖縄行きます!はじめてハッカーズチャンプルー行きます!」という人へ、気をつけておくべきことなどアドバイスはありますか?

この時期はもう梅雨明けしている予定でして、昼間に外を出歩くと本当に暑いですので、長袖・帽子・サングラスなどの日除けセットや水分補給にご注意下さい。そもそも日が高いうちに屋外を長時間歩かないで下さい!

沖縄は暑い(当たり前)[画像はイメージです]

宿泊は那覇市内のモノレール駅近くや国際通り近くをオススメします。ホテルは価格帯も色々で多数ありますが、近年の傾向としてなかなかの混み具合なので、予約はお早めに。

そして、今回はカンファレンスの会場(沖縄コンベンションセンター)が宜野湾市と言うところなので少し離れています(車で30分程度、タクシーで3千円以内位です)。沖縄はモノレールだけで、大都市圏のような電車がないので那覇市などからの移動は、タクシーやバスになってしまいます。
そのような場所なのですが、ここはぜひ前夜祭に参加して地元の参加者と仲良くなって、朝ホテルまで迎えに来てもらって下さい!沖縄のひとは、こころよく迎えに来てくれると思います!ただし帰りは飲酒運転厳禁なので、みんなでタクシーか代行で帰りましょう(^_^;)

日常を忘れて沖縄へ!

── 最後にさくらのナレッジ読者へメッセージをお願いします。

日常の業務をちょっとだけ忘れて、1日有給を取って金曜日から2泊3日で沖縄に来ていただくと、ちょっとゆるい雰囲気のITカンファレンスと、温かい沖縄のエンジニアたちとの素敵な出会いが待っています。LCCなど格安航空券を活用すると本当に安価に来沖出来ますので、ぜひ遊びに来て下さい。

過去のイベント開催レポートや今回の記事を見ていただいて「ハカチャン(ハッカーズチャンプルーの略)って、なんか楽しそう?遊びに行ってみようかな?」と、少しでも思って頂ければ幸いです。

みなさまと会場でお会い出来ることを、楽しみにしております!

── ありがとうございました!

---

ハッカーズチャンプルー2018は、カンファレンスの部 プログラムも発表され、イベント申込も開始しています。興味を持たれた方は是非参加を検討してはいかがでしょうか!どんな話が聞けるのか、私も今から楽しみです!!