さくらのサービスをご利用のお客様の中で採用いただいている、マイクロソフトによるWindows Server 2012/2012 R2の延長サポートが、2023年10月10日に終了します。

延長サポートの期限が切れた後には何が起きるのか改めて確認して、後継のOSへと乗り換えていきましょう。

延長サポート期限切れまでのスケジュールをおさらい

2023年10月10日にWindows Server 2012/2012 R2の延長サポートが期限切れになります。

 

 

 

 

 

 

 

Windows Server 2012の延長サポートだけではなく、Windows Server 2016のメインストリームサポートも2022年1月で終了してしまう予定となっています。

このメインストリームサポートと延長サポートの違いとは何でしょうか。

  • メインストリームサポート
    • 製品発売から最低5年間、仕様変更や新機能の追加、セキュリティ更新プログラムの提供、その他のパッチなどの修正が無償提供されるサポート
  • 延長サポート
    • メインストリームサポート終了後、最低5年間、セキュリティ更新プログラムのみが無償提供されるサポート

延長サポートの期限が切れると何が起きるのか?

サポート期限が終了してもOSの使用権はあるため、継続利用しても問題がないのでは?と思う方もいるでしょう。しかし、新たな脆弱性が発見されたとしても、セキュリティ更新プログラムが提供されていないため、その脆弱性を突いた攻撃を防ぐことが難しくなります。また、攻撃を受けたとしても、マイクロソフトからのサポートが受けられないことも問題です。こういった問題を放置しておくことで、お客様が運用しているサービスが止まり事業に影響が出る可能性も考えられます。現行のシステムをセキュリティのリスクを持ちながら運用するよりも、脆弱性対策のされているOSに乗り換えていきましょう。

OSの乗り換えと同時に新しいクラウドサービスへと移行をしませんか?

後継OSへの乗り換えは、現行のシステムを見直すきっかけになります。この機会にご利用しているサービスから、新しい環境にアップデートしてみませんか。

さくらインターネットのサービスで移行を進めるならこちらがおすすめです。

さくらのクラウド

柔軟にリソースの増減をしたいなら、さくらのクラウドがおすすめ!

さくらのクラウドはビジネス規模や成長に合わせての構築が可能です。日割料金・時間割料金・月額料金が設定されており、利用した期間に応じて最安の価格が適用されます。また、物理サーバーの設置・保守対応などは当社が対応するため、物理作業に対する運用負荷を低減できます。

さくらの専用サーバPHY

高性能なサーバを専有して利用したいなら、さくらの専用サーバPHYがおすすめ!

さくらの専用サーバPHYは、高性能なサーバーを専有でき、オンプレミスからのシステム乗り換えに最適なネットワーク機能を提供しています。また、さくらの専用サーバ後続であるさくらの専用サーバPHYでは、サービスより柔軟なネットワークの構成が可能になりました。高性能な物理サーバーの特性を活かしつつ、クラウドサービスと組み合わせることも可能です。

ぜひ、上記サービスサイトの窓口からお問い合わせください。