2015年の日本の電子商取引市場は13.8兆円規模に サプライチェーンマネジメント(SCM)のソフトウェアとサービスを提供するJDAソフトウェア・ジャパンが、「インターネットショッピングに関する消費者の意識調査」を実施、その結果を発表しました。この結果が実に興味深いので、ここで紹介してみたいと思います。