さくらのクラウドではRESTfulなWeb APIを提供しており、そのWeb APIを使うことでサーバを立ち上げたり、落としたり、ネットワーク構成を変更したりと様々な操作ができるようになっています。 さらにこれまでNode.js向けにnode-sacloudを提供してきましたが、他のプログラミング言語での実装が悩みの種でした。