こんにちは、さくらインターネットの大喜多です。 今回は「故障のための設計(Design For Failure)」を考慮したWebシステムの構築について解説してまいります。