DockerでUbuntuデスクトップを使おう

main_docker2530

Linuxをサーバ用途ではなく、デスクトップで使いたいと思っている人は少なからずいます。しかし仕事や家庭でもどうしても必要なソフトウェアがあって、まるっと乗り換えるのが難しいというのも事実です。とは言え仮想マシンを使って用意してもなかなか使わないかも知れません。

そこでDockerを使ってみるのはいかがでしょう。docker-ubuntu-vnc-desktopを使うと、あっという間にUbuntuのデスクトップ環境が手に入ります。

CoreOSを用意する

まずはさくらのクラウドを使ってサーバを準備します。OSはCoreOSになります。サーバの追加を行う際にアーカイブ選択で CoreOS 367.1.0 (stable) #112600559854 を選択します。

サーバ追加画面。アーカイブからCoreOSを選びます。

サーバ追加画面。アーカイブからCoreOSを選びます。

CoreOSに接続

サーバが立ち上がったら ssh で接続します。

$ ssh core@server_ip_address

server_ip_address はサーバのIPに読み替えてください。

Dockerコマンドを実行

まずはpullでコンテナイメージを取得します。

$ docker pull dorowu/ubuntu-desktop-lxde-vnc

終わったら起動します。6080番ポートをそのままホストに渡しています。

$ docker run -i -t -p 6080:6080 dorowu/ubuntu-desktop-lxde-vnc
User: ubuntu Pass: ubuntu

パスワードは覚えておきましょう。実行完了したら、

http://server_ip_address:6080/vnc.html

にアクセスできるようになります。

最初にログイン画面。前述のパスワードを入力します。

最初にログイン画面。前述のパスワードを入力します。

ログインするとメニューが出ます。この辺りはもう普通に操作可能です。レスポンスは多少ゆっくりですが、操作できないというほどではありません。

メニュー。LibreOfficeが入っています。

メニュー。LibreOfficeが入っています。

日本語入力はできませんが、表計算で簡単な計算式程度は入力できます。

LibreOfficeを使っているところ。

LibreOfficeを使っているところ。

日本語フォントが入っていないため文字化けしてしまっています。ちなみにFirefoxではなぜか文字入力自体できませんでした。

Firefoxでブラウジングしているところ。

Firefoxでブラウジングしているところ。

使っているのはnoVNCで、Web SocketsとCanvasを使っているWebベースのVNCクライアントになります。HTML5なのでデスクトップに限らず、iOSやAndroidからも操作できるのが魅力になります。

サーバ用途以外でもDockerが便利ですね。

fcwu/docker-ubuntu-vnc-desktop

おしらせ

banner_cloud