横田です。先月から今月にかけて「さくらのクラウド」は、何点か機能追加を行っております。色々と細かい発表もありますので、今回も1ヶ月のアップデートをまとめてみたいと思います。

《ディスクプランに250GB SSD, 500GB SSDを追加》

「さくらのクラウド」SSDのメニューに250GBと500GBを追加いたしました。

価格は下記の通りです。

プラン 月額料金 日割料金 時間割料金
250GB SSDプラン 9,450円 473円 46円
500GB SSDプラン 18,900円 945円 93円
[参考] 20GB SSDプラン 432円 21円 2円
[参考] 100GB SSDプラン 3,780円 189円 18円

既に「さくらのクラウド」では、20GBと100GBのSSDのメニューがありましたが、これらに250GBと500GBを追加いたしました。サーバ作成時やディスク作成時にディスクサイズを選択できます。

ssd250g

「さくらのクラウド」の20GBと100GBでは、ディスクの性能が異なりますが、250GBと500GBでは100GBと同じ性能となります。ちなみに、100GBの性能はこちらから、20GBの性能はこちらから確認ができます。

《【参考】VMwareのディスクイメージをさくらのクラウドで利用する 》

公式のサポートではありませんが「VMware」のディスクイメージを「さくらのクラウド」で利用することができます。参考情報としてクラウドニュースに、その方法を掲載いたしましたのでご覧ください。

[関連リンク]
【参考】VMwareのディスクイメージをさくらのクラウドで利用する | さくらのクラウドニュース

《さくらのクラウドAPIを使ってみよう(1)》

「さくらのクラウド」のAPIについての解説記事で、今回の記事は「さくらのクラウド」のコマンドラインツール「sacloud CLI」のインストールと利用方法が紹介されています。ちなみに「sacloud CLI」は、サーバの作成時に「スタートアップスクリプト」を選択することでもご利用いただけます。

[関連リンク]

さくらのクラウドAPIを使ってみよう(1)――コマンドラインツール「sacloud」から使う – さくらのナレッジ

《さくらのVPSからディスクイメージを移行してみよう — 「楽しいさくらのクラウド」(11)》

「さくらのVPS」から「さくらのクラウド」に移行する手順が解説されています。

[関連リンク]
さくらのVPSからディスクイメージを移行してみよう — 「楽しいさくらのクラウド」(11) – さくらのナレッジ

《ユーザさんのコンテンツ》

「さくらのクラウド」を利用した、さまざまなTipsを公開しています。その中の一部をご紹介いたします。

ネットワーク素人が、さくらクラウドで負荷分散構築した時のメモ1【準備編】 – なりせなるてず
ネットワーク素人が、さくらクラウドで負荷分散構築した時のメモ2【webサーバー編】 – なりせなるてず
→ 「さくらのクラウド」のロードバランサを利用方法などを解説されています。

さくらのクラウドのディスクイメージを VMWare で利用する

→ 先ほどご紹介した「VMwareのディスクイメージをさくらのクラウドで利用する」の逆パターンですね。実際は逆の移動される方は少ないと思いますが、このような事もできるという良い例だと思います。

MacOSX – #さくらのクラウド にMacからFTPSでISOイメージをアップロードする – Qiita

サーバ移行しました:さくらのクラウドに | はむかず!
→ VPSから「さくらのクラウド」への移行の手順を解説されています。

さくらのクラウドとownCloudでおてがるクラウド?(2回目): Moonfire!(ぶろぐ編)
→ 「さくらのクラウド」でownCloudを利用する方法が解説されています。

《今後 開催されるイベント》

○5月10日に「Ubuntu 14.04 LTSリリースパーティ+オフラインミーティング14.05」に参加します。

[関連リンク]
Ubuntu 14.04 LTSリリースパーティ+オフラインミーティング14.05 : ATND

○5月13日に「スタートアップのサーバーインフラを考えよう! KLab Ventures×さくらインターネット」に参加します。通常は2万円のクーポンですが、今回は5万円のクーポンを配布します。

[関連リンク]
tixee | スタートアップのサーバーインフラを考えよう! ~KLab Ventures×さくらインターネット~

おしらせ

banner_cloud

banner_writer