スマホアプリをのーコードで簡単に作ってみる

ありがたいことに第1回第2回の記事共に大変ご好評をいただいておりまして、ご関心をお寄せいただいた方からノーコードでどんなことができるのか、もっと簡単にイメージをつかみたいというお問合せを数多くいただいております。

そこで今日は、実際にノーコードで作成したアプリの動画をご紹介したいと思います。なんとなく興味はあるけれど、忙しくてなかなかトライアルなどを試す時間が取れないという方は必見です。ぜひご覧ください。

ご紹介するアプリは、製造業や小売・卸売業をはじめとしたさまざまな業界で活用可能な在庫管理アプリです。

スマホカメラとOCRを活用して納品伝票をワンタップでデジタル化、社内管理用のQRコードとの紐づけもあっという間に完了します。モバイルアプリを活用することで、在庫管理がより正確に、リアルタイムに進化します。

いかがでしたでしょうか?
こうした本格的なアプリでも自由にカスタマイズができて、自社の業務にフィットさせることができるのがノーコードの大きな特長です。

動画では登録した在庫をQRコードから検索可能にするだけでしたが、例えば出庫の処理を登録する機能を追加したり、お客様からの注文情報と連携させる機能を追加したりすることも可能です。

気になった方は、ぜひUnifinityの無料アプリをお試しください。
無料アプリお申込み:
https://www.unifinity.co.jp/custom_app

次回は、カスタマイズができる範囲や実際のツールの使い方について紹介したいと思います!

ではでは!!